Study8

エイトマン博士の面白さ研究ブログです

スプラトゥーンでいつも負ける人の8つの特徴

子どもから大人まで熱狂中のスプラトゥーンガチヤグラガチホコなど、アップデートにつぐアップデートで、楽しさも倍々になってきました。今回は、そんなスプラトゥーンを遊んでいて気付いた、いつも負ける人の8つの特徴をピックアップし、対策を考えます。ちょっとでも勝率を上げたい人、スプラトゥーンでいつも負けてしまう人は必読です。

やってみて「ダメだ」とわかったことと、はじめから「ダメだ」と言われたことは、違います。イチロー(21世紀のプロ野球選手、1973-)

目次

  1. 状況把握ができていない
  2. 無駄打ちする
  3. 無駄飛びする
  4. じっと待てない、無理に攻める
  5. 足場ネットワークを形成しない
  6. 相手の足場ネットワークを破壊しない
  7. スペシャルウェポンに使われる
  8. 相手の心をへし折らない
Splatoon(スプラトゥーン)
Splatoon(スプラトゥーン)
posted with amazlet at 15.06.30
任天堂 (2015-05-28) 売り上げランキング: 3
Wii U プレミアムセット shiro (WUP-S-WAFC)
任天堂 (2013-07-13) 売り上げランキング: 30
amiibo ガール(スプラトゥーンシリーズ)
任天堂 (2015-05-28) 売り上げランキング: 55

スプラトゥーンで負ける原因』を8つに分解

1. 状況把握ができていない

スプラトゥーンで一番大事なのが、これです。強い人と弱い人を見分ける方法といってもいいくらいです。戦いが始まり、状況把握ができていない人はまず孤立します。そして、無駄に死んでインクをまき散らし、相手にスペシャルウェポンのチャージをさせてしまいます。味方にとっては迷惑極まりないですね。

では、どうすればいいでしょうか?状況把握ができるようになるにはどうすればいいでしょう?ポイントは、「観察」です。

観察するポイントは、例えば、以下の通りです。 ・半径5m以内に敵は何人いて、何をしているか ・半径5m以内に味方は何人いて、何をしているか ・進行方向に敵はいるか ・敵が潜んでいそうな場所はないか ・自分の後ろは塗られていないか ・相手はどこに向かっているのか ・ヤグラ、ホコはどこにあるのか ・相手はスペシャルウェポンを発動できる状態かどうか(覇気を纏っているので見た目でわかります)

ちょっと何を言っているのかわからないという人は、強い人の動画を見て学ぶのがおすすめです!これができるようになると、先の展開を読めるようになってくるので、勝率が安定してきます。

2. 無駄撃ちする

これも強い人と弱い人で明らかに違うので面白いのですが、よく負ける人はインクを使い切るまで撃ち続けています。すでに塗った場所を塗るのは無駄ですし、敵と対峙したときに使う分を残しておかないとすぐやられてしまいます。

では、どうすればいいでしょうか?無駄撃ちしないためにはどうすればいいでしょう?ポイントは、「お金」です。

インクをお金のように使いましょう。インクがお金だと思ったら、もったいなく感じてきますよね。すでに塗られているところに使うなんてもってのほか。相手を倒すときも少ないインクで倒しましょう。

お金もインクも、ついつい使い過ぎてしまう人はこの機会に反省しましょうね。

3. 無駄飛びする

スーパージャンプで現場に急行。初心者はよくやってしまいます。敵がいないときは問題ないのですが、相手が強くなってくると通用しなくなってきます。せっかく有利な状況なのに、無駄飛びしたために一気に劣勢になってしまうというのはよくあることです。

では、どうすればいいでしょうか?無駄飛びしないためにはどうすればいいでしょう?ポイントは、「時間」です。

スーパージャンプしたくなったら、残り時間を見てください。いまそのタイミングでスーパージャンプする必要はありますか?地上から駆けつけるのでは間に合いませんか?急いで行ったら何秒で駆けつけられますか?

命はだいじに。肝に銘じましょう。

4. じっと待てない、無理に攻める

常に動き回ってませんか?焦って無理に攻めていませんか?よほど上手い人か運が良い人でない限り、ほとんど良い状況にはなりません。

では、どうすればいいでしょうか?じっと待つ、無理に攻めないためにはどうすればいいでしょう?ポイントは、「忍者」です。

忍者のように行動しましょう。基本的に、自分の行動は相手に知らせない、知らせるときは誘い出すときだと心得ましょう。自分が忍者だと思えば、動き回るよりも待ち伏せして相手を出し抜きたくなります。

抜き足、差し足、忍び足。この3つをつぶやきながら、ゲームしましょう。

study8

5. 足場ネットワークを形成しない

周りを塗らずに一本道を突き進んでいませんか?味方が塗ったところを通ればいいと思っていませんか?こういう考えの人はまず勝てません。

では、どうすればいいでしょうか?足場ネットワークを形成するためにはどうすればいいでしょう?ポイントは、「つなぐ」です。

まず、自分がいる地点Aと味方塗った地点Bをつなぐという意識を持つことからはじめましょう。ポイントとポイントをつなぐゲームだと割り切って、足場ネットワークを作りましょう。敵を倒すのはそれからでいい。

根回ししましょう、根回し。

6. 相手の足場ネットワークを破壊しない

これは5の応用です。相手に好き勝手動かれると困るので、とにかく相手の足場を消していきましょう。5ができるようになると、自然と相手の要所がわかるようになるので、そこを塗り替えていきましょう。

まさしく世界を塗り替えようぜ!です。

7. スペシャルウェポンに使われる

スペシャルウェポンを正しく使っていますか?使われていませんか?スペシャルウェポンは強力な分、ともすれば武器自身に使われてしまいます。いつもスペシャルウェポンを使っている途中で倒されてしまうという人も少ないのではないでしょうか。これも塵も積もれば山となるので、気をつけたいところです。

では、どうすればいいでしょうか?スペシャルウェポンに使われないためにはどうすればいいでしょう?ポイントは、「有利」です。

強力な武器は有利なときに使う、という意識を持ちましょう。なぜなら、不利なときは武器の強力さに頼ってしまうからです。これでは、武器自身に使われてしまいます。これを実行するためには、1の状況把握ができている必要があります。最低限、相手がどこにいてどういう状況なのかわかっている必要があります。そうしないと、スペシャルウェポンの威力は半減、もしくはゼロになります。

強力な武器は、自分をも殺す。覚えておきましょう。

8. 相手の心をへし折らない

これは強い人でもほとんどできていないのですが、相手の心をちゃんとへし折ることが大事です。目指すは「戦わずして勝つ」です。相手の心をへし折っていない場合、ギリギリのところで反撃をくらうことになります。チーム戦なので、相性と調子と運次第で戦況は大きく変わります。

では、どうすればいいでしょうか?相手の心をへし折るためにはどうすればいいでしょう?ポイントは、「相手をちょっと有利にする」です。

「よっしゃいける!」と思わせて一回持ち上げましょう。そして、落とすのです。そこからは相手の好きにさせないことで、落差で超強敵と感じさせることができます。相手に「自分は遊ばれているかも」と思わせれば成功です。「ああ、あそこでこうしていれば・・・」と戦い中に思わせればもう勝ったも同然です。相手はもうその勝負を諦めています。

でもまあ、楽しかったら、それでいいんじゃなイカ

以上、スプラトゥーンでいつも負ける人の8つの特徴でした。

参考文献

人間における勝負の研究 (祥伝社黄金文庫)
祥伝社 (2013-03-22) 売り上げランキング: 36,704
勝負論(新潮新書)
勝負論(新潮新書)
posted with amazlet at 15.09.09
新潮社 (2015-09-11) 売り上げランキング: 75,523
勝負哲学
勝負哲学
posted with amazlet at 15.09.09
サンマーク出版 (2012-09-01) 売り上げランキング: 23,531
勝ち続ける意志力 (小学館101新書)
梅原 大吾 小学館 売り上げランキング: 3,145
勝負 (中公文庫)
勝負 (中公文庫)
posted with amazlet at 15.09.09
升田 幸三 中央公論新社 売り上げランキング: 133,599
広告を非表示にする